9月・・・自然の力について じっくり学び、感じてみませんか・・・

いのちは不思議です。宇宙・太陽・月・星の運行は心や体に影響を与え、社会の出来事にも作用します。地球上のいきものの80%が地中の中の存在だそうです。沢山の虫や微生物が土を作ってくれるお陰で植物が育ち、私たちは、いわば土や微生物に育てられています。
自然界に見るいのちの営みは、不思議がいっぱい。
周波数が形を作り、同じ周波数の細胞が集まって臓器を形成しているとも言われます。音の力、光の力、水の力etc. 伝統や風習と言われている事の意味、太陽との関わり、炭の力や、植物の神秘、神話の持つ力、魂のこと等々・・・。いのちの不思議をひも解いて下さる各分野の方々と自然と調和して生きる道を探ってみませんか?

1】2012年9月14日(金) 「メタ・サイエンスで学ぶ自然の力」宮嶋 望
自然の法則に従い、微生物が気持ちよく働ける環境づくりをして世界のコンテストで金賞というナチュラルチーズを作り続けた実践から読み解かれる自然の秩序、メカニズムをじっくり質疑応答を交え学びませんか?
「いのちを活かすのは光のリズムです。自然のリズムの沿って生きる時、すべてのエネルギーはちゃんと循環し、人、牛、草木、微生物といった地球上の生命は、豊かな生を送ることができます    (いのちが教えるメタサイエンス(地湧社)より)」

2】2012年9月15日(土) 「自然界に見るいのちの営み」Ecole Grosse in Nagoya  …グロッセ・リュック、グロッセ世津子
自然から学び、自己を開花させる自然の学校(Ecole Grosse)主宰のベルギー人ペイザジストのグロッセ・リュックさんと園芸療法実践家グロッセ世津子さん。こよなく植物を愛するリュックさんが語る植物・いのちの神秘、そして植物の癒しの力を話される 世津子さん。お二人の話はセンス・オブ・ワンダーにあふれています。

3】2012年9月23日(日) 「森聖(こだま)の巡礼 ワタリガラスの神話と祈りの音」
  …アラスカ先住民ボブ・サム & 奈良裕之
私たちは昔、自然との調和の中に生きていた…アラスカ先住民の語り部ボブさんの神話と、奈良さんの音魂を分かちあい、もう一度その調和を見つけよう。未来のために。。。
(共に映画ガイアシンフォニーに登場されています)

「メタ・サイエンスで学ぶ自然の力」

宮嶋望氏 北海道農事組合法人 共働学舎新得農場 代表
放射線物理学・森林生態学を学び、Voegeli Farmにて2年間酪農実習。米国ウイスコンシン大学卒業、新得共働学舎設立(1978年)/十勝ナチュラルチーズ連絡協議会 理事/チーズ・プロフェッショナル協会理事/ジャパン・ブラウンスイス・クラブ 会長/北海道ブラウンスイス協議会会長/新月の木国際協会副理事長
*弱さを抱えた方達と作られるチーズは国内外コンテストで金賞受賞多数

じっくり学ぼうメタ・サイエンス
メタサイエンス」ってなに?・・・一般に従来の科学(サイエンス)の枠組みを超えた(メタ)新しい科学を意味する言葉ですが、宮嶋さんは、「伝説や風習の根拠に光を当てることができる在野の科学」と定義されます。

いのちを活かすのは光のリズムです。

 電子が流れ、磁場が起こり、共鳴して、いのちは巡っている…。
『生きているものは腐らない。しかし、生きていたものが死ぬと途端に腐りだす。・・発酵に進むか、腐敗に進むか…は、必然的に、生物が生きているとはどういう状態か、死ぬとはどういう過程かを考えることにつながっていく。生と死で明らかに違うもの、それは電位である。』すなわち、腐敗とは電位差がなく死を意味し、発酵とは電位差があり生を意味します。
 「電子の流れで読み解くと世界はこう見える」というきわめて独自の視点を持ち、その根源に太陽エネルギーがあり、原子から人のからだ、そして宇宙までを壮大に貫く原理を読み解かれる宮嶋さんのメタ・サイエンスは、これからの時代にとても大切な視点です。じっくり学びたいと思います。
「いのちが教えるメタサイエンス(地湧社)」まとめがこちらにあります。
著書ないし、まとめお読みの上ご参加下さい。

日時:2012年9月14日(金) pm13:00~17:00
会場:B―1丸の内(日誠丸の内ビルB-1)
   名古屋市中区丸の内2-6-1日誠丸の内ビルB-1
会費:5000円 / 学生3000円  
定員:30名
終了後交流会…会場近く とうふ処 吉本 実費
問合・申込:鶴田紀子 noriko@eco-branch.com / 
Eco-Branch ℡052-503-1002   fax (052)509-1683

*下段申し込みフォームよりお申込み下さい
参加費をお振り込みください。(お手数ですが “メタサイエンス”とご明記ください)
ゆうちょ銀行 店名:二一八(ニイチハチ) 店番:218
普通預金 番号: 2907917 口座名義:「地球の笑顔プロジェクト」
共催:地球の笑顔プロジェクト― Eco-Branch㈱にんじん起業支援ネット

パンフレットはこちらから印刷できます → 82Q82O82P82Q81D82O82X82P82S82DD82E282B682DC82B382F1A497BC96CA.pdf

<会場への行き方>
・地下鉄鶴舞線丸の内駅1番出口より徒歩5分
・地下鉄桜通線「丸の内」駅4番出口すぐ左折、長者町通り北上3分
 4ブロック目右角ビル(日誠丸の内ビル)地下1階です。

名古屋駅「地下鉄桜通線」より2駅。約5分
名古屋市中区丸の内2-6-1日誠丸の内ビルB-1

会場地図

お申込みは下記にて

宮嶋さんが共働学舎HPに書かれたメッセージです・・・

希望の光はどこにある?
  いのちの活きている場にこそある

 3月11日午後、未曾有の大地震、そして原発の事故が起こりました。2万人を大きく超える行方不明、そして亡くなられた多くの方々のご冥福をお祈りし、被災され不自由な生活を余儀なくされている多くの方々に心からお見舞いを申し上げます。
北海道十勝でさえも、初動の横揺れには異様でただならぬものを感じました。東北から北関東にまで及ぶこのたびの震災による余りにも甚大な被害は、自然の力の脅威を私たちに示し、日本中を打ちのめしました。あれからひと月以上がたち、復興に向けた活動も活発になってきました。私たちも即時対応として、募金を集め支援物資の提供、チーズのチャリティ販売、被災された方の受け入れなど、今できることは応援したいと努めてまいりました。しかし、ぐずぐずと悪化してゆく原発の状況に、何とかしなければと心が押しつぶされるような感覚が続いています。今、私たちに何ができるのでしょうか。何が必要なのでしょうか。

 最近、放射線、微生物の働きに関するお問い合わせを多くいただいております。今まで
33年間、新得の共働学舎の農場で続けてきた自然を活かし、微生物を活かし、いのちあるものを活かしてゆくもの作りから得た知恵や情報を、これからの復興の企画に役立てていただけるのではないかと思っています。放射線物質に汚染されてしまった圃場でもそれまでに有効な働きをする微生物をきちんと入れ続けていたところでは作物が放射線物質を吸収せず、作物自身からは放射線が測定されなかったという情報もあります。

 生きているものは“活かされる場”が与えられれば、したたかに生き抜く可能性を見つけてゆくものです。しかし、活かされる場の要件が満たされていないと、免疫力を徐々に失い、活力をなくし、衰退して病気となっていってしまいます。人も動物も植物も土壌の中の微生物もすべていのちある生きるものです。これら生きているものにとって、よりよく活かされる場を整えてゆくために、共働学舎新得農場で実践してきたいくつかの方法があります。炭埋によるエネルギー(気)の流れ・微生物の力・生きているものの自主性を重んじること。それらはすべて自然界の中で繋がって存在します。

 僕たちは30年近く病気や障害、様々な重荷を背負った人たちと協力して、こうしたことを大事にしながらもの作りをしてきました。ゆっくりとした歩みの中で、徐々においしい野菜やチーズが出来るようになってきました。進むべき道が見え、小さな光が見えてきました。被災され暗闇の中にいるように感じていらっしゃる方々も、前に踏み出せる時が来ますように。これからより良い社会、よりよい未来に向けて皆で力を合わせ、知恵を出し合って新しい日本の社会を作ってゆけるよう、この牧場からも応援してゆきたいと心から願っております。

平成23年4月25日
共働学舎新得農場 代表 宮嶋

<いのちが教えるメタ・サイエンス~炭・水・光そしてナチュラルチーズ(地湧社刊)感想>
 この本を待っていた…、そんな気持ちになりました。自然の法則に従い、微生物たちが気持ちよく働ける環境づくりをしてきた結果、国内のみならず、世界のコンテストで金賞受賞という美味しいナチュラルチーズを作り続けた実践から読み解かれる自然の秩序、メカニズム。日頃、仕事でミネラルや微生物、植物のすごさは実感しており、こういうことだったのかとワクワクしました。

 いのちは不思議にみち、驚異的ですが、今の科学では、証明できることはごく僅かです。放射線物理学・森林生態学を学び、アメリカで酪農を覚えられた宮嶋さんは、伝承と言われたり、科学的でないと一笑に付されそうなことも、現場で試し、観察し、試行錯誤の結果から仮説を立てられます。例えば、牛の重みで、沼のようになる放牧地に炭を埋めることで乾燥させるのは、炭を埋めると地中を流れる電子が集まり、磁場が強くなり、水が移動することで水が抜け、炭・微生物・木造建築によるハエが来ず、臭わず、殺菌のほとんど必要のない牛舎等々、すごい工事をしたり、装置を導入して…、と考えがちなことを、自然の力を生かすことで実現され、解かれるさまざまな事ごとは、まるで謎解きです。
 電子が流れ、磁場が起こり、共鳴して、いのちは巡っている…。土中で、樹の幹で、空中で、身体の中で、電子が舞い、いのちのダンスをしている様子が目に見えるような気持ちになりました。地形を読み、電子の流れを読み、天体の影響や、大腸菌と鉄の関係等々生命とエネルギーを巡る探索の面白さにぐいぐい引き込まれました。
 自然のリズムに沿って生きる時、全てのエネルギーは循環し、人、牛、草木、微生物等地球上の生命は豊かな生を送ることができるという言葉が沁みます。本物を追求していくと必ず先人の知恵に行き当るのがメタサイエンスの特長と書かれていますが、近代科学と資本主義が手を携え発展してきましたが、様々に行き詰まり、福島原発事故は、その象徴で私たちに生き方の転換を迫っています。

 いのちを大切に、自然に寄り添って生きたいと願っても、経済の仕組みがそうはなっていないので躊躇する部分が多々ありますが、障がいのある人や不登校といった社会不適応とされる人たちと、一人ひとりの持ち味を生かしながら、世界に通用するチーズ作りをしてこられた30年。「今、求められていることは、“いのちの源を科学技術という鉄釜からだして自然に返すことではないか”」との言葉に深く共感しました。

 講演会で、「頑張ってものづくりをしたら必ず希望がわくので、東北の人達に頑張って欲しい」と話された言葉に歳月の重みを感じました。生きていることを実感する共鳴が、新しいマーケットを生み出す原動力になり、社会が変わる。自然に沿った、いのちの経済を営むことへの大きな可能性を感じます。いのちの輝きを味わい調和しあう社会、いのちのエネルギーが支える社会づくりへ向け、メタサイエンスは大きな希望です。

*地湧社さんの冊子に掲載して頂いた感想文です

      

お耳拝借

素敵な人、こと、さまざまに。心があったかくなること、しみじみとした喜び。心のアルバム増やしませんか・・・。
2012年~2010年イベント
過去のイベント

2017年度、第二回です。

エコール・グロッセ2017年度スタートします。リュックさんの質問コーナーも始まります。

瞑想のピアニスト ウォンさんといのちの響きをつむぐ歌い手鈴木重子さん二人の世界~いのちの流れ~

(株)鶴田商会創業70周年記念 「生きているを見つめ 生きるを考え 生命を大切にする社会へ」

あなたがいて わたしがいる~すべては支えあっている

どんどん自然の不思議に迫るお話と、楽しいワーク

2016年も続きます。エコール・グロッセ。毎回が楽しみです。

映画「音もなく世界は慈愛にみちて」のタイの環境・平和運動家プラチャーさんが来日講演会鈴木重子&ウォン・ウィンツァン昼下がりコンサート 2016.0416
祈りと光の音の世界に誘う二人の世界~いのちの深みに降り立って~

東大病院循環器内科医師稲葉俊郎さん、ヴォーカリスト鈴木重子さんと共に

ほぼリピーターで満席になる人気のエコール・グロッセです

看取り士とは何か~ありがとうの贈り物~

ご要望にお応えしてエコール・グロッセ夏vol.2 継続です。

サティシュ・クマールさん来日されます。「サティシュさんを囲んで~未来を灯す縁座」お話&問答の会

今回は音の世界です。初めに言葉ありき。

奈良裕之さん音霊演奏会 2015.0118

「ひかりのとびらをひらくとき」

ESD応援 地球とのフェアトレード 宮嶋望さん講演&トークセッション 2014.1111

地域と世界を、そして今と未来をつなぐ

2年ぶり、宮嶋望さんのメタサイエンス研究会講演です。

いよいよマンダラ登場。身近な夏野菜等でプリントごっこ楽しみます

今年のkakkoワールドは、盛り沢山。かっこちゃんの講演、AKIRAライブ、「カンタ!チィモール」監督広田奈津子さんも交えて3人のお話「かっこの部屋」

フィナボッチ数列と黄金比、園芸療法ミニレクチャー&春を活ける

リオの地球サミットでの伝説のスピーチから20年、母となり、一層愛を深め発信を続ける環境活動家セヴァンさんが家族で来日、各地で講演します。

暮らしの中の色、園芸療法ミニレクチャー&種の額絵作り

原発写真展・手作り作品展示販売とお話の会

鳥や虫たちの不思議、園芸療法のお話と卵のポプリ

山元加津子さんのお話と「僕のうしろに道はできる」上映会

春のエコールグロッセ:植物の神秘と虹色の種

世界のエコロジー界の巨匠サティシュさん映画&講演会

つながるいのちの感謝祭2012.1202

「ワタリガラスの神話と祈りの音」2012.0923

ボブ・サムさん&奈良裕之さん。詩と音魂の世界

「自然界に見るいのちの営み」2012.0915

グロッセ・リュックさん、世津子さんにより名古屋初のエコール・グロッセ

北海道共働学舎新得農場代表宮嶋望さん

2012kakkoワールド 20012.0818

山元加津子さんお話会&ミニ茶話会

いのちを巡る対話 2012.0701

「福島、飯舘、けれども世界は美しいー原発避難の悲しみを生きて」出版記念会

つながるいのちの感謝祭 2011.1120

2011年、いのちの感謝祭 べてるの家向谷地さん&べてるの仲間たち

つながるいのちの上映会「森聞き」2011.0925

ドキュメンタリー映画「森聞き」上映会&トークセッション

ともしびの巡礼~ワタリガラスの神話と祈りの音2011.0910

共にガイアシンフォニー出演のボブ・サムさんと奈良裕之さんの神話の会

つながるいのちの上映会vol.2「ミツバチの羽音と地球の回転」2011.0731

映画「ミツバチの羽音と地球の回転」&トーク&分かち合い

いのちの響きを紡ぐ二人の世界2011.0618

山元加津子さん&鈴木重子さんのジョイント

つながるいのちの上映会「幸せの経済学」2011.0522

映画「幸せの経済学」&トークセッション&ワークショップ

江戸の知恵、日本人の心 2011.0313

江戸の語り部辻川牧子さんの「もうやっこ寺子屋」

山田周生さんエコトーク&丸山さんライブ2011.0220

終了しました

てんぷら油で地球一周山田周生さんとビリンバウの丸山さんトーク&ライブ

つながるいのちの感謝祭  2010.10.09

2010年10月9日終了しました。
いのちのてざわり感じていますか

たかはしべん“心のおくすりコンサート”

終了しました。

山元加津子さんの思いっきりkakkoワールド

2010年6月13日終了しました

今年のkakkoワールドは、じい こと小林正樹さんとのジョイントです

いちじくりんLinkIcon

水野スウさんの”ほめ言葉のシャワー”ワークショップ

2010年6月26日終了しました。

大人気の水野スウさんの「ほめ言葉のシャワー」お話とワークショップ

紅茶な時間LinkIcon


今日も賑やかな会社のあれこれ