2022年4月9日(土)pm14:00 山のホールにて


瞑想のピアニスト ウォン・ウィンツァンさんと、
  いのちの響きを紡ぐ歌い手 鈴木重子さん、
    深くあたたかな音色のギタリスト ウォン美音志さん…。
静かな緑豊かな「山のホール」アットホームな会場でゆっくりお楽しみ下さい

プロフィール


鈴木重子さん・・・いのちの響きをつむぐ歌い手。

<鈴木重子 Shigeko Suzuki>
(ヴォーカリスト。いのちの響きをつむぐ歌い手)
母の腕の中で聴いた子守唄の優しい響きが歌声に触れたはじまり。
幼い頃からピアノや声楽に親しみ、高校時代はバンド活動と合唱にいそしむ。
東京大学在学中にボサノヴァ、ジャズボーカルを学び、司法試験への挑戦とジャズクラブでの活動を続けながら自身の歩む道を模索。
「本当に好きなことをして、限りある人生を生きよう」とヴォーカリストの道を選択。
1995年メジャーデビュー。ニューヨーク「ブルーノート」にて、日本人ヴォーカリストとして初のライブ公演。
さまざまなジャンルの曲を独自のスタイルで表現し、聴き手のこころを静かな場所へといざなう歌声は多くの人々から愛されている。
2011年「浜松市教育文化奨励賞 浜松ゆかりの芸術家」受賞。
CD”with you”(ソニーミュージック)を発表。
2016年CD[光を世界へ~Yes All Yes~」参加。
浜松市やらまいか大使。すべての生命に響き合う唄を求めて、学校、病院、福祉施設など分野を超えて活動し、
ヴォイスや表現、アレクサンダー・テクニークのワークショップ、講演なども行っている。
http://www.shigeko.jp/

ウォン・ウィンツァンさん:瞑想のピアニスト

<ウォン・ウィンツァン Wong Wing>
(ピアニスト、作曲家、即興演奏家)
1949年神戸にて、香港出身の父と、日本と中国のハーフの母との間に生まれ、1歳より東京で育つ。
19歳からプロとしてジャズ、フュージョンなどを演奏。
70年代にはポップスグループ“Brown Rice”のキーボーディストとして全米ツアー。
87年に瞑想の体験を通して自己の音楽の在り方を確信し、
90年より即興演奏を中心とするピアノソロ活動が始まる。
92年、インディーズ・レーベル、サトワミュージックを発足。
1'stアルバム「フレグランス」がFMから評判になりロングセラーとなる。
以後「Doh Yoh」「エイシアンドール」「光の華」「青の龍」など30タイトル近くのCDをリリース。
NHK「にっぽん紀行」「目撃!にっぽん」Eテレ「こころの時代」のテーマ音楽でも知られる。
超越意識で奏でる透明な音色に“瞑想のピアニスト”と呼ばれている。
公式サイト http://www.satowa-music.com/


<ウォン 美音志 Wong Mineshi>
(ギタリスト、コンポーザー、アレンジャー)
1984年東京生まれ。
音楽に囲まれた環境で育ち、10歳よりギターを演奏。
97年、ウォン・ウィンツァンの作品に編曲家として参加、13歳から音楽活動を開始。以後、作編曲家そしてギタリストとして、様々な活動を行う。
近年はアコースティックギターを使用し、ポップでありながら繊細な、独自の世界観を持ったインストゥルメント音楽を展開。
映画音楽等も手がけている。
ギタリストとしてのソロデビュー・アルバム『InnerJourney』(08年)は、作編曲・演奏・レコーディング・ミックスダウンまでをトータルに自ら手がけたセルフプロデュース作品。
音楽性のみならず、作品に込める精神性の深さには驚くべきものがあると高い評価を得ている。
http://www.mineshi.com/

鈴木重子さんの思い

コロナの影響が始まって、ニ年。演奏する機会を見つけることが、極端に難しい状況の中、それでも私は、歌い続けました。
暑い夏の日も、風の吹く冬の日も、毎日、海辺で。
私にとって、歌うことは、生きることでした。
どんな状況のなかでも、『うた』はいつでも私のなかにあって、真実を伝え、自分と世界を癒し、つなぐ響きを発している。
それを刻み出し、声にすることが私にとって、生きることの意味だったのです。
ウォン・ウィンツァンさんと、ひとつ、ひとつ祈るように、紡ぐように、
オンラインコンサートを続けて、二年。
憧れ続けた機会に巡り合えることになりました。
生きたひとのいる、空間で私の身体から響き出す音を直接、受け取ってもらう
大切な機会。
  
みなさんの前に立って、歌うことを考えたとき溢れてきた想いは、
『うたを抱いているのは、私だけではない。聴いてくださる方々の心のなかに、うたがある』ということでした。
私が二年間、けんめいに紡いできたうたがあるように 聴いてくださるひと、
おひとり、おひとりの、いのちの奥底に、どんな状況のなかでも、大切にされ続け、輝き続けている、美しいうたがある。

瞑想のピアニスト ウォン・ウィンツァンさんと、深くあたたかな音色のギタリスト ウォン美音志さん。永い友人でもある、素晴らしい音楽家のお二人と一緒に紡いだ音楽を携えて、あなたのなかの『うた』に耳を澄ましに出かけます。
なつかしい日本のうたや美しいスタンダードナンバー、ミュージカルナンバーや、ポップス、私たちのオリジナル。
どうぞ、お越しください。

▲ ページトップへ

A Song in You~ あなたの中のうた ~

瞑想のピアニスト ウォン・ウィンツァンさんと、いのちの響きを紡ぐ歌い手 鈴木重子さん、深くあたたかな音色のギタリスト ウォン美音志さん…
静かな緑豊かな「山のホール」アットホームな会場でゆっくりお楽しみ下さい

2022年4月9日(土) 
  開 場:午後2時 / 開演午後2時半~ 
  会 場: 山のホール日進市岩崎町竹ノ山149-506
  定 員:50名
  会 費:6000円 / 当日6500円
 ◎申込み方法:お振込を持ってお申込みとなります。お気を付け下さい。 
  定員になり次第締め切らせていただきます

<申し込み方法>  
1:申込みフォームでお申し込みください
    FAX 又はメールでお申込み頂いても結構です。
    申込先:Eco-branch鶴田(電話:052-503-1002)
    メール:noriko@eco-branch.com
    FAX:052-509-1683
  2:参加費をお振込みください。お振込確認後ご予約となります。
    ゆうちょ銀行 店名:二一八(ニイチハチ) 店番:218
    普通預金 番号: 2907917 
    口座名義:「地球の笑顔プロジェクト」
      記号:12150-29079171
   *お手数ですが、備考欄に 0409 と記入お願いします
 お問合・申込
 ○株式会社鶴田商会環境事業部エコブランチ 鶴田紀子
 メール: noriko@eco-branch.com TEL:052-503-1002 
  FAX:052-509-1683

<会場>
〒470-0131 日進市岩崎町竹ノ山149-506 
地下鉄東山線「名古屋駅」「藤ヶ丘」下車約30分。
藤ヶ丘よりタクシー約10分(1500円程度)
バス運行のご案内
 藤ヶ丘→愛知学院行(名鉄バス):愛知学院下車 乗車10分 歩10分
 赤池→古戦場南行き(くるりんバス 中央線):弁天池下車 徒歩7~8分
     

【主催: 地球の笑顔プロジェクト Eco-Branch・(株)にんじん

*パンフレット印刷はこちらからどうぞ
0409.pdf

▲ ページトップへ


山のホール 〒470-0131 日進市岩崎町竹ノ山149-506
〇地下鉄東山線「名古屋駅」「藤ヶ丘」下車約30分。
 藤ヶ丘よりタクシー約10分(1500円程度)
〇バス運行のご案内
 藤ヶ丘→愛知学院行(名鉄バス):愛知学院下車 乗車10分 歩10分
 赤池→古戦場南行き(くるりんバス 中央線):弁天池下車 徒歩7~8分
 

  

      

お耳拝借

素敵な人、こと、さまざまに。心があったかくなること、しみじみとした喜び。心のアルバム増やしませんか・・・。過去のイベント

2022年4月10日「身体と心、声を通して自分を見つける」ワークショップです。

瞑想のピアニスト ウォン・ウィンツァンさんと、いのちの響きを紡ぐ歌い手 鈴木重子さん、深くあたたかな音色のギタリスト ウォン美音志さん…久しぶりの生コンサート

瞑想のピアニストウォンさんと、スウェーデン在住コントラバス奏者森さんの唯一無二の響きに触れ、内に耳を傾ける

山元加津子さん初監督ドキュメンタリー映画「銀河の雫」上映会もあります

いのちの響きをつむぐ歌い手 鈴木重子さんと瞑想のピアニスト ウィン・ウィンツァンさん

グロッセ・リュックさん「植物の神秘」と世津子さんの「園芸療法のお話」とワークショップ

いのちの語り部大集合・・・山元加津子さん&AKIRAさん&広田奈津子さん

福島のおかあさん達が作品と一緒にやって来る

山元加津子さん講演と、映画「僕のうしろに道はできる」上映会

エコール・グロッセ 春 「植物の神秘・虹色の種」2013.0413

グロッセ・リュックサン&グロッセ世津子さんによる植物の不思議な世界

サティシュ・クマール「今、ここにある未来」上映会&講演会 2013.0403

サティシュ・クマールさん、初の名古屋講演です。通訳辻信一さん

森霊の巡礼 ワタリガラスの神話と祈りの音」2012.0923

アラスカ先住民ボブ・サムさん&奈良裕之さん

グロッセ・リュックさん&グロッセ世津子さんによる植物の世界

新得農場代表 宮嶋望さんに学ぶ自然の力

つながるいのちの感謝祭 2011.1120

2011年、いのちの感謝祭 べてるの家向谷地さん&べてるの仲間たち

つながるいのちの上映会「森聞き」2011.0925

ドキュメンタリー映画「森聞き」上映会&トークセッション

ともしびの巡礼~ワタリガラスの神話と祈りの音2011.0910

共にガイアシンフォニー出演のボブ・サムさんと奈良裕之さんの神話の会

つながるいのちの上映会vol.2「ミツバチの羽音と地球の回転」2011.0731

映画「ミツバチの羽音と地球の回転」&トーク&分かち合い

いのちの響きを紡ぐ二人の世界2011.0618

山元加津子さん&鈴木重子さんのジョイント

つながるいのちの上映会「幸せの経済学」2011.0522

映画「幸せの経済学」&トークセッション&ワークショップ

江戸の知恵、日本人の心 2011.0313

江戸の語り部辻川牧子さんの「もうやっこ寺子屋」

山田周生さんエコトーク&丸山さんライブ2011.0220

終了しました

てんぷら油で地球一周山田周生さんとビリンバウの丸山さんトーク&ライブ

つながるいのちの感謝祭  2010.10.09

2010年10月9日終了しました。
いのちのてざわり感じていますか

たかはしべん“心のおくすりコンサート”

終了しました。

山元加津子さんの思いっきりkakkoワールド

2010年6月13日終了しました

今年のkakkoワールドは、じい こと小林正樹さんとのジョイントです

いちじくりんLinkIcon

水野スウさんの”ほめ言葉のシャワー”ワークショップ

2010年6月26日終了しました。

大人気の水野スウさんの「ほめ言葉のシャワー」お話とワークショップ

紅茶な時間LinkIcon


21世紀の生き方を考えよう

これまでの価値観では持続可能することがむつかしくなっています。新しい生き方・暮らし方一緒に考えてみませんか?

ゆっくりずむでいこう

Beな人・・・


人の生き方は十人十色… 
Beな人
BEな人 49号まで
Beな人 50号~63号
これまでのBEな人

研究所レポート


21世紀を思考するライフスタイル 研究所レポート

これまでのレポート

エリオット君と学ぶ


自然に学ぶ 平井孝志先生環境塾 環境塾

これまでのエリオット君

つれづれなるままに


折につれ感じるあれこれ つれづれなるままに 

これまでのつれづれ


ひと手間かける楽しい暮らし 関連リンクLinkIcon


今日も賑やかな会社のあれこれ