製品ラインナップ

微生物洗剤 DR.BIO(ドクトル・バイオ)粉200g

下部に粉1kgタイプがございます






○粉バイオの使い方
○液体バイオの作り方

粉せっけんに微生物入り小麦ふすま

バイオ&酵素の力で汚れをすばやく落とす上、流した排水が排水パイプ、下水、河川にいたるまで
浄化・脱臭します。

○微生物と酵素の働きによる優れた洗浄力
○天然素材でカラダに優しく環境改善します。

 しつこい汚れ落しも簡単です。
 脱臭力バツグンで猫の臭い消し等ペットにも使えます。
 微生物の応援団で合併浄化槽もスッキリ。

成  分 : 純石けん(脂肪酸ナトリウム)、炭酸ナトリウム、小麦フスマ、米糠、ミネラル、プロテアーゼ、リパーゼ
用  途 : 換気扇などあらゆるご家庭の汚れ、食器類、洗濯、洗車等々
使 用 量 : 1回ごく少量(ティースプーン半分くらい)

使えば使うほど、地球への恩返し

あらゆる汚れをおとすという意味で「洗剤」と呼んでいます。・・・が、


微生物が石けんで分離された汚れを分解する働きがあります。

微生物洗剤 DR.BIO(ドクトル・バイオ)粉 1kg

粉バイオの使い方

○水に溶かし、雑巾等に染みこませて汚れた箇所を拭いてください。

ひどい汚れは水分を控えめに、直接スポンジ等につけて洗ってください。
泡立ち少なく、酵素の力で汚れを分解します。

*使用後の本剤水溶液は微生物の作用で流れた先の排水パイプなどを浄化・脱臭する作用があり環境浄化します。

注意 合成洗剤との併用は酵素の働きが阻害されるため避けてください。

微生物石鹸がより効果を発揮するためには、使用する水は、お風呂の残り湯か、汲み置き水が塩素が飛んでいるので最適です。また、温度が40°前後のぬるま湯の方が、酵素群の働きが活発になり、より汚れ落ちが良くなります。
すぐに拭いてしまうよりも、しばらく置いたほうが、きれいになります。

液体バイオ基本的な作り方


液体バイオとえがおの力を混ぜるとEco-Branch110 がご家庭でできます

1. 2リットルのペットボトルを用意して下さい。
2. 「バイオの力」(微生物粉石けん)50gを、用意したペットボトルに入れる。(5%液を作ります)
3. 水(出来るだけ塩素のないものが好ましい)1リットルを、②のペットボトルに入れます。
  ぬるま湯(お風呂程度)がより微生物が活性化します。
4. キャップを締め、よく振ってかき混ぜる。1日に2~3回、かき混ぜます。
5. ④を5~6日間、繰り返し行います。
6. 5~6日後、1日間以上放置します。(混ぜない)
7. コーヒーを入れる時に使用するペーパーフィルターなどで、濾して下さい。
8. 液体部分を、スプレーボトル等に入れてご使用ください。
 ペースト状の物は、そのまま汚れてる部分に塗ったり、トイレ掃除にお使い下さい。

又は、バケツ等に一握り入れ水で薄めて、トイレに流すと浄化槽の嫌な臭いも消えます。
もちろん、両方とも手、身体にご使用して戴いても大丈夫です。

≪すぐお使いになりたい場合≫

1~4までを行い、数分間待ってからお使い下さい。

洗車などの場合は、バケツ2/3くらいの水に、Dr.BIOの粉を一握り入れ、よくかき混ぜてスポンジ等に
つけてお使い下さい。

Dr.BIOもえがおの力やEco-Branc110とほぼ同じ使い方

イラストをクリックすると拡大します。

微生物の力 ラインナップ

Eco-Branch110(=えがおの力+Dr.BIO) ラインナップ

えがおの力 ラインナップ